ダットサイトをマウントするにはマウントベースを使用する場合が多いです。(一部、銃に直接マウントする場合もありますが)マウントベースには2種類あります。ひとつがNATO軍が規定した軍用規格のピカティニー(Picatinny)レールともう一つが昔からある民間規格のウェーバー(Weaver)レールです。

 

レールが2種類あるのがいろいろややこしくなります泣

 

 

  1. サバゲーで一般的なマウントベース
  2. 猟銃などにダットサイトをマウントする方法

 

 

1.サバゲーで一般的なマウントベース

通常、サバゲーで使用されるマウントベースは軍用規格のピカティニー(Picatinny)レールを使用します。レールの規格を統一することで、ひとつのレールで様々なギアをマウントできます。

 

 

ダットサイトの場合

ダットサイト+アタッチメント+マウントベース+銃本体

61Q9amvzCeL._SL1500_ 311UQJN0nEL

ダットサイト マウントベース

ダットサイト マウントベース  マウント方法

 

 

 

ライフルスコープの場合

ライフルスコープ+マウントリング+マウントベース+銃本体

 

 

 

 

 

2.猟銃などにダットサイトをマウントする方法

軍用以外の場合は、ウェーバーレールを使用します。狩猟やハンティングで使用されているのは一般的にこのレールになります。

 

Weaver_rail ウェーバー 猟銃

ピカティニーレールとレールの溝の形が違うだけで、マウント方法は同じです。

ダットサイト+アタッチメント+マウントベース+銃本体 の組み合わせで使用します。

 

 

ただ散弾銃では機関部に切り込みが入っているモデルも多く、マウントベースを使用しないで、

 

ダットサイト+アタッチメント+銃本体 の組み合わせで使用できます。

 

マウントベースがない事でダットの高さを低く出来ます。