サイトロンダットサイト・SD-30 X SERIESとSD-33 Xの違いを比較

SD-30 X

サイトロンの新しいダットサイトXシリーズも旧モデル同様に、SD-30X,SD-33X,MD-30X,MD-33Xの四種類を基本としています。夜戦をしないとなると、サイトロンのダットサイトで購入候補にあがるのが、SD-30SD-33になるかなと思います。何が違うのか少し紹介します。

 

  1. サイトロン新ダットサイト SD-30X SD-33Xの性能を比較
  2. 意外と知られていないSD-30とSD−33の違い
  3. 30mmと33mmの見え方の違いとマウントリング

 

1.サイトロン新ダットサイト SD-30X SD-33Xの性能を比較

基本的には旧モデルのSD-30とSD-33の違いと一緒です。

SD-30 X SD-33 X
リング径 30mm 33mm
接眼部分 取り外し可能なラバーが付いています。 なし
 ダット光度  11段階に調節可能
ゼロイン ウィンテージ/エレベーションで調節可能
付属品1 延長チューブ
付属品2 ハニカムフィルターサイトロン新ダットサイト SD-30X Xシリーズ ハニカム
付属品3 マウントリングSD-30 狩猟 ダットサイト
付属品4 フリックキャップ

そのほかは部分は一緒です。

 

まずは、基本スペックの紹介です。

  1. 日本製
  2. もちろん実銃対応(ライフルから散弾銃まで対応)
  3. 旧シリーズは米軍に採用されイラク戦争で使用された実績あり。
  4. 自衛隊(89式)に採用実績あり。
  5. リング径30mm
  6. ダットは11段階に調節可能
  7. マウントリング、フリックキャップ、ハニカムフィルターが付属

詳しくはこちらのに書いてあります。→ MD-33・イラク戦争で使用された日本製ダットサイト DOT SIGHT

 

 

2.意外と知られていないSD-30とSD−33の違い

SD-30 X

リング径だけが違うと思われがちですが、意外なところにも違いがあります。

SD−30とMD-30には、接眼部分のラバーが付いているのですが。。。。。

SD-30 X

ダットサイトやライフルスコープは通常、目から5cm程度の距離を取ってしようするので、何の為についているラバーなのか個人的には疑問ですが、とにかくラバーがついています。

 

 

 

ちなみに目にライフルスコープを接着したまましようすると、反動で。。。。。

 

 

こんな感じになります。

 

そのな顔面に優しいラバー付きのダットサイトがこちらです。

SD-30 X

 

 

 

 

3.30mmと33mmの見え方の違いとマウントリング

一番気になるのは直径が3mmの違いでどれぐらい見え味が違ってくるかだと思います。この3mmのために、価格は1万円ぐらい違ってきますので。。。。

 

SD-33を覗いた後に、SD-30を見るとかなり細く感じます。

左がSD-30で右がSD-33です。

SD-30X SD-33X

見た目はほとんど変わらないんですけど、見え味ばっかりは、実物を見てもらうのが一番かなと。。。

 

ちなみに、ダットサイトは両目をあけて使用するものなので、理論的には、チューブ径がなんmmであろうと関係ないです。

 

こうではなくて

 

 

acog_トリジコン trijicon ダットサイト

 

このように見えます。acog_トリジコン trijicon ダットサイト

チューブのふち意外は邪魔にならないはずです。

実際はがっつり邪魔ですけどね。

30mmと33mmでは見え方が全然違います。

 

 

SD-33でチューブ径が33mmなので、マウントリングが多くありません。

付属のマウントリング以外に、オフィシャルのハイマウントが販売されていますが、精度には問題なさそうですが、価格が少し高めです。

SD-33 ハイマウント