Venom Red Dot ボルテックス ダットサイト

Venom Red Dot ボルテックス(VORTEX)のダットサイト

VORTEX(ボルテックス)のコンパクトダットサイトの紹介です。個人的にすごくボルテックスのデザインが大好きなんですが、あんまりデータがないです。いちよう正規代理店はあるみたいですが、一般市場への販売には力を入れてないのかな?

 

  1. VORTEX(ボルテックス)ダットサイト・Venomのスペックと性能を紹介
  2. VORTEX(ボルテックス)ダットサイト・Venomの写真

 

1.VORTEX(ボルテックス)ダットサイト・Venomのスペックと性能を紹介

まずは、データの少ないVENOMの詳細スペックです。

Venom Red Dot ボルテックス ダットサイト
Venom Red Dot
倍率 1 x
アイレリーフ なし
ドットサイズ

3MOA

光度調節  10段階に調節可能です。
調整単位 1MOA
上下最大調節幅 130MOA
左右最大調節幅 100MOA
視差 なし
長さ 4.8cm
重さ 31g
フルマルチコーティング 反射防止のコーティングをレンズの外側の面に施しています。

Venom Red Dot ボルテックス ダットサイト

 

マウントベースへのセット方法

初期セットにローアタッチ面が付属しています。購入後すぐにマウントベースにセットできます。

Venom Red Dot ボルテックス ダットサイト

マウントした様子はこんな感じです。

Venom Red Dot ボルテックス ダットサイト

 

オプションのアタッチメントも2種類ボルテックスから正規品が出ています。

でも、アタッチメントが16000円から25000円ぐらいと少し高めですね。

Venom Red Dot ボルテックス ダットサイト

Venom Red Dot ボルテックス ダットサイト

 

Venom Red Dot ボルテックス ダットサイト

 

 

 

電池(バッテリー)

電池はボタン電池のCR1632をしようします。この手のダットサイトはボディーの裏面に電池ボックスがある場合が多いですが、Venomは表面?上にあるので、いちいち銃から取り外さないでも、電池の交換が可能です。

Venom Red Dot ボルテックス ダットサイト

 

こちらはドクターサイトの電池ボックです。背面から電池を出し入れします。ちょっと面倒ですね。

 

ドットの調節方法

エレベーションとウインテージの調節はメモリがボディーにプリントされているので非常に分かりやすいです。

Venom Red Dot ボルテックス ダットサイト

 

その他

キャップも付属しています。

 

Venom Red Dot ボルテックス ダットサイト

 

 

2.VORTEX(ボルテックス)ダットサイト・Venomの写真